私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

最高裁 非嫡出相続分を2分の1とする規定を違憲と判断

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

最高裁判所大法廷は9月4日、法定相続人に、非嫡出子がいる場合に、非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1とする民法900条4号ただし書きの規定について、遅くとも平成13年7月当時において、憲法14条1項の法の下の平等に違反していたものの、違憲判断は平成13年7月当時から本決定までの間に開始された他の相続で確定的となった法律関係には及ばないとした。

非嫡出子と嫡出子の法定相続分が同等になることで相続税の総額が変わることがあるため、既に相続税の申告が行われた事案について影響が及ぶのかどうかなど、今後の対応が注目される。

 
起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)