私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

取得価額100万円未満などの一定の美術品等は減価償却資産に該当

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

平成26年12月25日に公表された「法人税基本通達等の一部改正について」では、
取得価額が100万円未満など一定の美術品等について減価償却資産に該当する。

固定資産税の課税客体となる償却資産は、償却費が法人税法、所得税法で損金・必要経費に算入されるもののうち、取得価額が20万円未満の少額資産以外のもの等が該当すると規定されている。

さらに、遊休、未稼働資産や、法人税や所得税の計算で償却費を損金計上しない資産であっても、含まれるものとして取り扱われている。

また、償却資産の賦課期日は、その年の1月1日であるため平成27年度の申告については平成27年1月1日までに取得した償却資産が対象となる。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)