商号(会社名)について

商号の決定の際に以下のことに注意する必要があります。

  1. 有名な会社の商号
  2. 使用できない文字

次に各項目を具体的にご説明いします。

1.有名な会社の商号は使用しないようにしましょう

他人の商号として世間に広く認識されているものと同一若しくは類似の商号を使用することで、
他人の商品や営業と混同させる場合には「不正競争」に該当します。
また、類似商号に該当しなくても、「パナソニック」「日立製作所」など、有名な会社の商号の使用は認められていません。使用してしまうと20万円以下の罰金に処せられることもあります。

2.使用できない文字に注意しましょう

使用できない文字
 ・「()」(カッコ)・・・    例、 「安心(あんしん)株式会社」
 ・「  」(スペース)・・・  例、 「鈴木 一郎株式会社」
 ※ただし、ローマ字表記の英単語を区切る場合は使用可能
 ・「@」(アットマーク)・・・例、 「結婚相談@大宮株式会社」

使用可能な文字
 ・日本語(漢字、ひらがな、カタカナ)
 ・ローマ字(大文字及び小文字)
 ・アラビア数字
 ・符号「&」「-」「・」「'」「,」「.」

会社の商号決定には上記のような検討すべき項目があります。
お気軽にお問合せください。

設立の流れのコンテンツ

電話番号

お問い合わせへ

ページの先頭へ