私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

国税庁 個人番号の記載に代わる扶養控除等申告書の記載方法を示す

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

所得税法上、扶養控除等申告書の提出者は、氏名、住所、個人番号等を記載して提出することとされ
従業員自身が必要事項を記載し、給与支払者に提出する必要がある。しかし、従業員本人と給与支払者の間で
了解されていれば、同申告書に従業員等の個人番号を印字した状態で従業員に交付し、従業員が内容を確認
した上で給与支払者に提出する方法も番号法上可能と解されるとした。

また、扶養控除等申告書に支払者の法人番号をプレ印字し,従業員に交付しても問題ないが、給与支払者が個人で
ある場合の個人番号については、プレ印字できない。

このほか、扶養控除申告書の個人番号部分をマスキングした上で保存することの可否については
記載事項の一部にマスキングをした場合、原本を保存しているとはいえないことから、
個人番号部分をマスキングした上で保存することはできないとした。

扶養控除等申告書の保管を外部業者に委託することも可能だが、委託を受けた第三者は
「個人番号関係事務実施者」として安全管理措置を講ずる必要がある。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)