私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

系統連系工事費の税務上の取扱いを国税庁に確認~太陽光発電設備の取得価額に工事負担金は含まれず~

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

太陽光発電設備で発電した電力を電力会社へ売電するためには、発電設備を電力会社の電力網に接続するための「系統連系工事」が必要になる。一般に、電力会社への系統連系に伴い発生する送電設備、変電設備、配電設備、通信設備など電力設備の工事費用は発電業者が負担し、その設備は電力会社に帰属する。

発電業者にとっては、系統連系工事が完了し売電が開始することで初めて太陽光発電設備を事業の用に供したことになるから、税務上、系統連系工事負担金も太陽光発電設備の取得価額に含まれるのではないかといった考えがある。

この点について国税庁に取材したところ「系統連系工事」に係る費用負担は、電力会社の所有物となる系統連系のための設備の工事費用を発電業者が負担している。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)