私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

国税庁 国税関係の本人確認書類・方法を定める告示を制定~個人番号利用実務実施者が適当と認める書類等の具体例一覧も公表~

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

国税庁は1月30日、番号法施行規則に基づき、国税関係手続きに係る個人番号利用実務実施者が適当と認める書類等を定める件と題する告示(平成27年告示第2号)を交布・制定した。
国税庁は併せて、本人確認書類等の具体例一覧とともに、自身の個人番号に相違ない旨の申立書等(標準的な様式)を同庁HPで公表した。

番号法では、本人や代理人から個人番号の提供を受ける場合に本人確認措置を義務付けている。
今回の告示では、番号法施行規則上の「個人番号利用事務実施者が適当と認めるもの」として、法人等が従業員や顧客に係る個人番号等の確認書類及び確認方法を定めた。適用時期は平成28年1月を予定している。

今回の告示では、番号確認・身元確認において、個人番号利用事務実施者(以下「国税当局」という)が適当と認める具体的な本人確認書類・本人確認方法が示された。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)