私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

所得拡大促進税制 給与負担金は給与相当分が対象

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

所得拡大促進税制では、適用要件の雇用者給与等支給額等について、他の者から支払を受ける金額を控除しなければならない。
この他の者から支払を受ける金額には、出向元法人における、出向先法人から出向者の給与負担金も該当するが、この給与負担金は、あくまでも給与に相当するものだけが対象であり、給与に相当しないものまで控除する必要はない。

ところで、出向者の給与等は、出向元からの支給が一般的で、また、出向先が全額負担することが多い。
既報のとおり、適用要件の1つ「平均給与等支給額が比較平均給与等支給額を上回ること」の算定において、平均給与等支給額の算定に係る月別支給対象者数からは出向先法人が全額負担している場合、その出向者の数は除いて計算することになる。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)