私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

与党税協 消費税軽減税率制度のヒアリング概要を報告

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

自公両党でつくる与党税制協議会は10月8日、内閣改造後初めてとなる会合を開き、平成27年度税制改正大綱の取りまとめに向けた議論を再開。
同日は、与党税協が今年7~8月に計62団体からヒアリングを終えた消費税の軽減税率制度に関する概要を報告した。

両党が6月にまとめた論点整理に対するヒアリング概要では、飲食料品分野8パターンの線引き例について「わかりやすさを最優先にするとともに事業者の負担にも配慮し、全ての飲食料品を軽減税率の対象にすべき」といった肯定的な意見や「一物二価の状態になりうることから、国民、事業者双方に大きな混乱が生じ、トラブルにつながる」や「税務訴訟等が増加し、社会的コストの増大を招く」といった否定的な意見など全体的にばらつき、この日は安倍政権が「骨太の方針2014」で盛り込んだ法人税改革など検討事項も確認した。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)