私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

政府税調 働き方に中立的な税制へ所得全体の見直しを開始~移転価格文書化の国別報告書の提出方法等の決定は来年1月の見通し~

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

 首相の諮問期間である政府税制調査会は9月29日、今年6月27日以来3カ月ぶりに総会を開いた。
 同日の総会では、OECDが9月16日に公表したBEPS(税源侵食と利益移転)行動計画に関する報告書について、OECD租税委員会議長を務める財務官の浅川国際局長が説明を行い、移転価格関連の文書化について、積み残しの国別報告書(CBCレポート)の提供方法等が早ければ来年1月に決まる見通しを明らかにした。

また、同日は、働き方に中立的な制度に向けて所得税改革の議論に着手、これまで政府税調で議論してきた配偶者控除や配偶者特別控除に限らず、所得控除や給与所得控除を含めた所得税全般の見直しを進めることを確認した。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)