私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

平成27年1月1日以後の贈与に適用される新相続時精算課税

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

 平成25年度税制改正に伴い、平成27年1月1日以後の贈与に適用される新たな相続時精算課税については、贈与社の年齢を現行の65歳から60歳に引き下げ、受贈者の範囲に孫を追加する対象範囲の拡大が行われた。

 そこで、年の中途において60歳以上の贈与者の孫(その年1月1日において20歳以上)になった場合には、孫になった時前に贈与により取得した財産については相続時精算課税の適用を受けることが出来ず、暦年課税により贈与税額を計算する。
 また、孫かどうかの判定時期についても、推定相続人と同様に「贈与の日」において行われる点に留意したい。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)