私たちがサポートします!
お客様の声 続々増加中!

生産ライン改善設備は新事業に係る導入設備も対象

川越・さいたまを中心に埼玉の会社設立の
ご相談は会社設立サポートセンター埼玉

会社設立サポート
センター埼玉

駐車場完備!川越駅他3駅利用可!と便利なアクセス

0120-983-884

平日は夜9時まで受付! 個室完備・駐車場完備

メールでのお問い合わせ

コンテンツメニュー

改正措置法の政省令では、生産性向上設備等の取得価額の要件等について示されている(措令27の12の5、措規20の10)。具体的な設備の主な要因は産業競争力強化法で規定されていて、「生産性向上設備等」は、商品の生産や役務提供用の施設、設備等で、事業の産業性の向上に特に資するものとしている(強化法2⑬)。

B類型については、税制改正大綱似て、「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」とされていたため、文言を見て、生産量の改善等を目的とする既存設備等の入れ替え等といったケースしか認められていないと思われているようだ。ただ、B類型の対象として、創設当初から新事業による設備等の導入も想定していたという。規定でも「機械装置や器具備品等の投資計画の投資利益率が15%以上(中小は5%以上)であることを経済産業局の確認を受けたもの」とされ(経産省強化法規則5二)、現状の設備等に関する内容は特段触れられていない。

したがって店舗の新規出店や、新商品製造のための設備等の導入も対象となる。

起業家のための
無料相談受付中
[受付]9:00〜21:00(土曜日対応可)