マイナンバー制度について

マイナンバー制度とは?

日本に住む全ての人に12桁の番号を割り当て、国や地方公共団体が社会保障と税の情報を
効率よく管理しようとする制度です。

いつからスタートするの?

平成27年10月から市区町村が国民一人一人に、実際のマイナンバーの通知を開始し、
使用が始まるのは平成28年からです。

マイナンバー預金口座適用について

日本国政府は既に平成30年に、預金口座へマイナンバー制度を適用させる改正案(改正マイナンバー法案)
を閣議決定しました。
つまり、平成30年(2018年)からは銀行の口座にもマイナンバーが適用されることになり、
各銀行で新規に口座を開設する場合、開設時にマイナンバーの届出をする必要が出てくるわけです。

合せて既存の口座に関してもマイナンバーは登録されます。
2年程度は強制力を持たない任意の制度のようですが
3年後を目処に強制力を持たせた形で法改正が行われる予定です。

つまり、2020年の東京オリンピックを過ぎた辺りに
銀行預金とマイナンバーが強制的に紐付く可能性があるわけです。

マイナンバーの使用一覧

マイナンバーについて.png

※1 平成27年中に提出したH28年分扶養控除申告書には、マイナンバー記載義務はありません
2 平成28年分源泉徴収票にマイナンバーが記載されるのは、税務署、市区町村提出用のみであり、
   個人に交付される源泉徴収票には記載されません。

マイナンバー関連ページ

電話番号

お問い合わせへ

CONTENTS MENU

9月の税務

  • 9/11 源泉所得税の納付

 

9月の社会保険

  • 9/30 8月分の社会保険料、児童手当拠出金の納付(但し、本年は10/2)

 


事務所概要

林竜太郎税理士事務所

事務所外観
  • 〒350-1114
    埼玉県川越市東田町21-7
    (駐車場あり)
  • TEL : 049-248-2218
  • FAX : 049-248-2337

無料相談のご予約:0120-983-884

詳しくはこちら

ページの先頭へ