お役立ち情報マイナンバーの身元確認と必要書類

2016年01月09日

マイナンバー制度では、番号の提供の際に番号確認と身元確認をあわせた
本人確認を行う。
番号確認は個人番号カードや番号付き住民票のコピー等、番号付きの証明書類が必要で
身元確認には「運転免許証」や「パスポート」が一般的な証明書類とされている。

しかし、中には運転免許証もパスポートも所持していない者もいるだろう。
国民一人ひとりにマイナンバーは付番されるわけだが、こういった証明書類を所持しておらず、
企業に勤めていない高齢者などは、住民票の写しや公的医療保険の被保険者証,年金手帳等の
書類のうち2つ以上の提出で身元確認を行う事が出来る。

例えば、高齢者等が年金給付の手続きを行う場合には、マイナンバーが必要となるが、
その際の本人確認は、通知カード等による番号確認をするほか、公的医療保険の
被保険者証,年金手帳の2種類の書類呈示をもって身元確認を行う事ができる。

電話番号

お問い合わせへ

CONTENTS MENU

9月の税務

  • 9/11 源泉所得税の納付

 

9月の社会保険

  • 9/30 8月分の社会保険料、児童手当拠出金の納付(但し、本年は10/2)

 


事務所概要

林竜太郎税理士事務所

事務所外観
  • 〒350-1114
    埼玉県川越市東田町21-7
    (駐車場あり)
  • TEL : 049-248-2218
  • FAX : 049-248-2337

無料相談のご予約:0120-983-884

詳しくはこちら

ページの先頭へ